キャッシングで多重債務にならないための3つのポイント

急な出費をしてしまった時や、給料日までお金が足りなくなってしまったときなど、私たちの生活を助けてくれるとても便利なキャッシングですが、便利な分、大きな落とし穴も潜んでいます。あとから後悔しないために、キャッシングについて今一度見直してみてください。

昔、お金を借りるということは簡単ではなかった時代がありました。また、借りることに対して抵抗が非常にある人が多かったものです。ところが、現代は考え方もシステムも変わってきたおかげで、お金が借りやすい環境になりました。借りることに対しての抵抗も以前に比べかなり低くなってきました。インターネットや電話一本で簡単に申し込めるようにもなり、誰でも気軽にお金が借りられるようになったのです。

これだけ借りやすい環境になっているため、消費者金融を使う方はどんどん増えています。しかし、借りやすいからこそ、気付くと莫大な金額を借りてしまっていたという人も多いのです。1つの金融機関だけでなく、2つ以上のところからお金を借りている人も珍しくはありません。簡単に借りることは出来ても、最終的には返していかなければならないことを忘れてしまいがちなのです。

そうしているうちに、多重債務になってしまって気付けば借金まみれ…という結果にはなりたくありませんよね。多重債務にならないためには、最終的に「もうダメだ!」となる前に防いでおくことが非常に重要です。ここでは、多重債務を防ぐための3つのポイントをご紹介します。

1.計画を立てる
キャッシングの大原則です!お金を借りということはお金を返すということ。これを忘れてしまいがちだから失敗してしまうのです。キャッシングを利用するときは、自分がいくらをいつまでに必要で、その金額をいつなら完済できるのかの計画を明確に立てましょう。

また、本当にその金額が必要なのか、きちんと返していける確証があるのか今一度確認してみてください。「なんとかなるだろう」という考え方がキャッシングにおいて最も怖い考え方です。お金を借りているといくらでも湯水のように湧き出てくる気がしますが、返すお金は湧き出てきません。返せないと分かっている金額を借りることは非常に危険です。計画的に借りることができれば、多重債務は防げます。

2.完済を念頭におく
キャッシングで借りたお金は徐々に返していきますが、最終的に目指すのは完済です。借りるときから完済することを念頭に常においておきましょう。そのために、例えば自分が借りられる限度額を下げておく、というのも1つの手です。また、借りるときに最初から限度額が低い金融機関を選ぶことも有効的な手段です。完済できなければ借りることは控えましょう。

3.早めに相談する
もし既に無理がありそうな金額を借りてしまっているのであれば、早めに専門家に相談しましょう。お金の専門家=税理士です。税理士の方に相談をして、この先自分が完済するためにはどうすればよいのかを教えてもらいます。ギリギリまで自分だけで頑張っていても、気付いた時には大変なことになっているかもしれません。そうならないために、早めに相談することも必要です。

多重債務はとても辛いものです。そうならないために、以上3つのポイントをしっかり押さえて、無理のないキャッシングを行うように心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【モビットよりお薦め】審査が不安だけど今すぐ借りたい人におすすめ All Rights Reserved.