消費者金融の利用で住宅ローンの事前審査が通らなくなるかも?

毎日生活する上で大切な住まい。自分の理想の住宅に住むこと、そのマイホームを買うことは誰もが一度は夢見るものです。住宅は非常に大きな買い物ですので、じっくり考えて決めますし、簡単にすぐ買えるものではありません。人生のうちで最も大きな買い物といっても過言ではないでしょう。

そんな大きな買い物である住宅を、現金で一括払いが出来るという方はそうそういらっしゃいません。それでも住宅を買うことが出来るのは、住宅ローンを組むからです。自住宅ローンは誰でも組めるわけではなく、審査が厳しいローンのうちの1つです。カードローンや消費者ローンを借りれている方でも、住宅ローンは組めないということも良くあります。住宅は金額が大きいため、ローンを組むとなると、非常に長い期間支払い続けるため、貸す側も慎重になるのです。

では実際に住宅ローンを組む時はどのような審査があるのでしょうか?

住宅ローンには事前審査と本審査という2つの審査があります。2つとも通らなければ住宅ローンを借りることは出来ません。特に重要なのが、事前審査です。事前審査に通れば、本審査には通る可能性が高いので、第一関門の事前審査が決め手となることが多いのです。事前審査に一度落ちてしまうと、次回も通らない可能性が高まってしまいます。事前審査の結果を聞くのが緊張する、という方も多いのです。

ではその事前審査ですが、審査項目は主に年収や職業などです。お金を貸すからには、返してもらうことが大前提となります。その金額を返せるだけの能力があるのかどうかをしっかりと審査するのです。

そしてもう一つ大きな審査項目があります。それは、消費者金融からお金を借りているかどうかです。金融機関によっては、消費者金融に対してとても厳しく、一度借りた履歴があっただけで住宅ローンを組ませてもらえないところもあるほどです。消費者金融から既にお金を借りているということは、支払の能力=収入がそもそもない人なのではないかと考えられてしまうのです。

「じゃあ、消費者金融からお金を借りていると住宅ローンは絶対に借りられないの?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。お金を借りていても、住宅ローンを借りれる場合ももちろんあります。その場合、ポイントのなるのは、借入額です。消費者金融から借りているお金が多いと審査にひっかかってしまう可能性があります。また、返済が残っている場合も厳しいとみなされる場合が多いです。

同じようにお金を借りていても、少ない金額をちょこっと借りているだけで、お給料が入ればすぐに返せる、というレベルであればさほど問題はありません。金融機関からすれば、計画的に無理のない借り入れをしているかが気になるのです。確かに、長い期間払っていく住宅ローンですから、最初から支払が厳しそうだと分かっているところにお金を貸すことは非常にリスクが高いですよね。

もし将来、住宅ローンを借りたいと考えているのであれば、消費者金融からお金を借りる場合に、金額を少し抑えたり、住宅ローンを借りる頃までに完済できる金額に出来るよう考えておくと良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【モビットよりお薦め】審査が不安だけど今すぐ借りたい人におすすめ All Rights Reserved.